2006年08月13日

ファンロード06年9月号〜投稿と結果の考察

Fanroad (ファンロード) 2006年 09月号 [雑誌]毎月15日は月刊ファンロードの発売日です(8月は12日発売)。
ここでは、本誌に投稿したハガキの結果を考察したいと思います。
今月は合計6枚のハガキを投稿しています。


◆今月の見たいもの&見せましょう◆

野中英次先生のジョジョの奇妙な冒険PART.7…掲載
野中英次先生のMAR(メル)…掲載
久米田康治先生のツバサ…掲載
久米田康治先生のあいこら…掲載
藤田和日郎先生のデスノート…掲載
鈴木央先生の映画・デスノート予告編…掲載
大場めぐみ&小畑健先生の魔法先生ネギま!…掲載
西森博之先生の魔法先生ネギま!…掲載

以上、8枚掲載…アレ?8枚!?何と3ヶ月前にボツになったネタが2枚復活掲載されたのです!よって、掲載率133.3%でした〜!!

尚、
先月に続き、今月もコーナートップに掲載させて頂きました。
編集部・関係者の皆様、ありがとうございました!


今月注目したのは、去年のようなネタの棚卸しがあるのかどうかという点です。
結果は3ヶ月前にボツになった2枚が復活しただけでした。
まあ、これだと「去年とは違う」とは断定出来ません。
何せ、描いた枚数が去年と今年では全然違いますから…。

自分で言うのも何ですが、今年はあまりボツになっていないのです。
その為、ボツが復活するにしても、復活するハガキが初めからそれ程ないのです。


断定は出来ませんが、来年春のFRハンドブックの復活があるのかも知れません(苦笑)。

今月のポイントはクロ高ネタが2枚のみだった点です。
しかも1枚は復活掲載なので、実際に描いたのは1枚のみです。
バランス的には、バラエティに富んだ感じになったかなと思いますが、今後のネタ切れが心配ですね(苦笑)。


そのクロ高ネタのMARは、描いたと思ったら連載が完結してしまいました。
異世界冒険が長いことをネタにしているのに(苦笑)。
これじゃ「ボツだな」と決め付けていたのですが、何と運よく掲載して頂けました。
何とか御理解して頂けたようです。


最初のジョジョネタはかなり前に描いたものの為、会話が少しズレてしまってますね。
何せホット・パンツを男性として描いてますし…(苦笑)。


「からくりサーカス」ネタは、発売された最終43巻からのものなのですが、買った43巻をチェックしたところ、元ネタとなるオリジナル画像が新しく描き直されてしまいました(苦笑)。
こうなると、将来「何でこんなネタを描いたんだ?」って事になる気がします(苦笑)。


ブリザードアクセルを使ったデスノート・ネタはかなり変則な内容です。
こんなのが通用するのかなあと思っていたので、何とか載ったのを見た時は嬉しかったですね(笑)。


ネギま・ネタの超のセリフ「私は火星人だ」ですが、これが「未来人」とか「ネギの子孫」ではダメなんですよ。
何といっても、一番胡散臭いキーワードは「火星人」でしょう?(笑)
真面目に言えば言うほど「火星人」というセリフが笑える気がして、あのような形にしました。


ラストの「ゆえのカードゲット」ネタは、復活掲載の為、やはりちょっと古い印象になっています。

さて、来月ですが、実はクロ高ネタはゼロです(苦笑)。
かなり苦しいですが、何とか7枚描きました。
そのうち2枚が久々の2枚組ネタ。
内容はガンダムSEED劇場版。
何とか載ってくれると嬉しいですね(苦笑)。
後はデスノートとか、のだめとか、もて王サーガとか描いています。


ちなみに…今月はまだ全然描いてないんですよ(苦笑)。
野中英次先生の新連載「未来町内会」が初まるのが23日。
さすがにそれは待てませんし、何か考えるしかないですね。


さて、今月は26周年特大号!
それなのに26周年のお祝いのハガキも描く時間を取れませんでした(苦笑)。
一方、恒例のFR大辞典に今年も項目を頂き、ホッと胸をなでおろしております。
何せ、「ろーどらんなあ」にほとんど出さなかった今年は、ネタになるような個人情報に乏しく、大辞典に載せるような話がないように思っていたのです。
6項目も載せて頂いたのは、ありがたいですね。


>「いけ様」だと韓流っぽい。「い・けさん」でも韓流っぽい。

笑いましたよ〜(笑)。
そんな事を考える人がいるとは(笑)。


>ひとつの漫画が終了しただけで、これだけ多くの人からコメントを寄せられるローディストもいないと思う。

本当にありがたいですね。
まあ、それだけやっていた事が、偏っていたという事なんですけどね(苦笑)。


さて、自分の項目とは別にこんなのも。

>茨城県〜ここ数年、いけさん様、カゲラ様のおかげでメジャーになった事をとても喜んでいる、茨城県民の私。

話によるとカゲラ(旧・神楽)様は市の合併により同じ市内になったとの事。
その話を見聞きした時は驚きましたが、だからといって会える訳でもないんですよね(苦笑)。
何か知らないうちに、ニアミスとかしているのかも知れません。
まあ、あっちの方が、自分よりずっとベテランですので、ちょっとした憧れを持っていたりします。


このところ「のだめ」とか「蒼天の拳」のアニメ化など、新しいネタが次々と生まれている訳なんですが、その割にはネタ作りに苦しんでいますね。
(関係ないけどヤンジャンの新連載は驚愕!特に柴田先生の将棋漫画って想像もつかないです(苦笑)。)
やはり、頭の半分がブログの事で一杯になっているせいかも知れません。
とりあえず、今月はもうブログの更新を控えめにして、ネタ作りに取り掛からないとマズイですね。
今のままだと本当に描けない事になりかねないですから…。


長くなりましたが、次回、10月号の考察をお楽しみに〜♪


からくりサーカス 43 (43)
4091205704藤田 和日郎

小学館 2006-08-11
売り上げランキング : 49


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あいこら 4 (4)
4091204368井上 和郎

小学館 2006-07-18
売り上げランキング : 3391


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





posted by いけさん at 05:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投稿と結果の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

『からくりサーカス』【漫画と本とマンガの館】
Excerpt: こんにちは★ちょっとおじゃましますペコリ(o_ _)o))とうとう最終巻が出てしまいましたね!でも大満足な作品です♪詳しくはMYブログまで!
Weblog: 漫画と本とマンガの館
Tracked: 2006-08-29 15:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。