2006年10月15日

ファンロード06年11月号〜投稿と結果の考察

Fanroad (ファンロード) 2006年 11月号 [雑誌]毎月15日は月刊ファンロードの発売日です。
ここでは、本誌に投稿したハガキの結果を考察したいと思います。
今月は合計7枚のハガキを投稿しています。


◆今月の見たいもの&見せましょう◆

野中英次先生の地獄少女…掲載
久米田康治先生の地獄少女…掲載
久米田康治先生のBLOOD+…掲載
赤松健先生のスティール・ボール・ラン…掲載
さいふうめい&星野泰視先生のデスノート…掲載
森川ジョージ先生の犬夜叉…掲載
野中英次先生の新訳巨人の星・花形…掲載

以上、7枚掲載(掲載率100%)まさかのパーフェクトでした〜!!

尚、
先月に続き、今月もコーナートップに掲載させて頂きました。
編集部・関係者の皆様、ありがとうございました!



過去に3枚投稿して完全掲載された事はありましたが、7枚もの枚数を投稿してボツなしなのは初めての事で、すごく驚きました。
クロ高が終了してからというもの、毎月試行錯誤の連続で、今月も色々なネタを投稿した訳ですが、かえってそれがバラエティ感を出す事になり掲載枚数を稼ぐ事になったのかと想像しています。
それにしても、いいのかなホントに(笑)。
まあ、自分にとっては嬉しい限りですが。


今回の掲載ネタのうち、「新訳巨人の星・花形」は初の「未来町内会」ネタなのですが、マガジンの発売が23日で、その日のうちにネタを考えて夜に描き翌24日にポストに入れたハガキが25日必着の締め切りギリギリの掲載になった訳です。
よくこんな大慌てのネタが載ったものですよ〜(苦笑)。
それだけに、一番早い「未来町内会」ネタになった訳ですけどね。
「地獄少女」の2枚は特にタイトル文字が手間だったかな?(苦笑)
ネットを使っているという点から、ネット番長を思いついた訳です。
今さらながら、クロ高ネタを使ってみました。
まあ、考えてみれば、クロ高ネタはまだまだ使えそうですね。
赤松健のネギまを元ネタとして使ったのも今回が初めてです。
スティール・ボール・ランを描いている人は少ないので、出来るだけ描こうとは思っています。


ファントムブラッドさて11月号ですが、今回の特集は「ネウロ」。
カラー3P+10PのFRのいつもの特集は相変わらずの楽しいもの。
しかも今月はお気キャンAランクトップになってました。
すごいですね、ネウロ人気は。
ジャンプの次のアニメ作品はコレかもしれないですね。

そんな中、ジョジョの記事が2Pありました。

何というか、ジャンプとかの特集記事よりずっと楽しいです(苦笑)。
荒木先生というと、かつてファンロードの表紙を描いた事もある縁のある作家で、編集部から見ても他の作家と比べてもちょっと思い入れがある様子。
そんなジョジョですが、何と07年1月号で正に久々の「シュミの特集」(通称:シュミ特)をやるというのです!!!
もうこの記事にすごい衝撃を受けましたよ!!


果たして今の読者が参加して、どのような特集になるのか興味が尽きません!
ツッコミ処満載の壮大な特集になって欲しいですね。
少なくても10Pは越えると思いますし、ここ最近のものの中では誌面における最大のジョジョ特集になるのは間違いないでしょう。
荒木ファンは絶対買わないとダメですよ。
これホント!!


さて、今月号の自分に対するツッコミに返信します。

>FR8月号〜いけさん様の心の叫びが、ハシラから伝わってきました(応援してます)。(P73のハシラより)

クロ高終了に対するコメントに対してのものだと思われます。
期待に応えられているでしょうか?


>9月号「見せましょう」いけさん様のコーナー〜実験場のようだった。(頑張って下さい!)(P136のハシラより)

何か笑ってしまいました(笑)。
確かに色々と試してはいますね。
未来町内会の登場で、実験終了か?(苦笑)


>野中英次先生の新連載「未来町内会」〜「いけさん様おめでとうございます」という本末転倒な感想が浮かんだ。(P152のハシラより)

ありがとうございます(笑)。
それにしても皆さんの応援コメントは励みになりますね。
今月もがんばって描き始めるとしましょう(苦笑)。


実はまだ1枚も描いてないんですよね。
ここんとこ、特にNEO・REの更新に力が入りすぎていて、ネタを作る余裕を失っているのです。
全く本末転倒とはこの事です。
ブログはネタ描きのフォローのはずだったのに(苦笑)。


先月は結局描き上げたのは5枚のみ。
しかも最後は連休にぶつかる事に気がついて、慌てて宅配便でハガキを送るという無駄な事をしてしまいました。
それがもし間に合わなかったとしたら、3枚しか描けなかった事になりますから、惨敗してしまいますね、タブン(苦笑)。
その少ない枚数の中で、ポイントなのは初めて描いた「ToLOVEる」かな?
「劇場版SEED」2枚組にもまたチャレンジしています。
ん〜〜〜どーしたもんかな…(苦笑)。


とりあえず、来週1週間を使って何とか7枚前後描き上げたいですね。

それにしても、誌面の返信をこんなトコでするってのは、よーするに「続きはWEBで」ってヤツになるのかな?(笑)

と、いったところで、12月号の考察をお楽しみに♪

Fanroad (ファンロード) 2006年 11月号 [雑誌]Fanroad (ファンロード) 2006年 11月号 [雑誌]

Fanroad (ファンロード) 2006年 10月号 [雑誌] Fanroad (ファンロード) 2006年 09月号 [雑誌] Fanroad (ファンロード) 2006年 08月号 [雑誌] Fanroad (ファンロード) 2006年 07月号 [雑誌] Newtype (ニュータイプ) 2006年 11月号 [雑誌]

by G-Tools

posted by いけさん at 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投稿と結果の考察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。